ソーラーエネルギーのもたらす
豊かな未来へ向けて

JSP ジャパン・ソーラー・パワーは、ソーラーエネルギーをもっと身近なシーンで利用する新しい提案として、様々な分野でソーラーシステムの開発に取り組んでいます。

たとえばそのひとつが、商店街などの街路灯にソーラーシステムを組み込むソーラーストリートシステムの提案です。

クリーンエネルギーの代表格である太陽光発電が、エコノミーとエコロジーを両立する「暮らしにやさしい灯り」を提供します。

ソーラー発電による経済性はもちろん、災害時に万一電力の供給が断たれても、変わらず街を照らし続ける灯りを確保するとともに、非常用コンセントから給電可能なシステムなどを備えることで、街に安心と安全をお届けします。

ソーラーシステム活用事例

新栄会×JSP
東京渋谷区、恵比寿銀座通り商店街「新栄会」様の企画による「ソーラーハイブリッド計画」

恵比寿「新栄会」様では、老朽化した街路灯を太陽光発電による電力供給システムに置き換える計画を検討されており、この計画にJSPは技術面のサポートで参画させていただきました。

ソーラーシステムの採用により、万一の災害などで電力会社による電力が供給不能の場合でも、発電⇒蓄電される電源が街に灯りを届けます。

太陽光発電とLED灯体により、電気使用料とメンテナンスコストの大幅な削減を実現します。

ポール基底部には100V50HZ/ACコンセントが装備されており、万一の災害時は蓄電システムからの緊急用電源として利用することができます。

ソーラージャーナル誌 取材記事はこちら

TOPへ戻る