Solar Sharing JSPのソーラーシェアリング

JSPのソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)

●それは…新しい農業の形。
農業事業者と発電事業者(再生可能エネルギー)が、それぞれの得意分野で想定リスクを分担し、
安定した収益事業を目指す取り組みを行っています。

ソーラーシェアリングとは、農地に設置した太陽光パネルで日射量を調整し、太陽光と農業生産と発電で共有する環境に配慮した新しい事業の形です。農作物の販売収入と売電による収入が継続的に得られるため、農業事業者の収入拡大による経営の安定化が期待できます。
ソーラーシェアリングに対して、平成25年3月31日付にて「支柱を立てて営農を継続する太陽光発電設備等についての農地転用許可制度上の取扱について」が農林水産省より公表されています。これは営農の継続を前提として、農地の一時転用の許可を受けることができるガイドラインとなっています。
農作物と再生可能エネルギーを同時に生み出すソーラーシェアリングは、農業と発電事業が共存・共栄できる画期的な事業といえます。

ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)で、
「サカキ(榊)」を作っています。

古よりサカキ(榊)は、神棚や祭壇に供える神事には欠かせない植物(常緑樹)であり、その特性は、半日陰の場所を好み耐陰性に優れた陰樹で庇陰下にあってよく生育します。流通市場での良品要素として、「濃い緑色で光沢があり、葉つきが良く肉厚のものが品質の高いもの」として扱われています。陽の光を適度に遮断した状態で、良質の濃緑サカキを育てています。

  • ■愛南9号地・メガソーラー発電所
  • 所在地 :愛媛県南宇和郡愛南町上大道
  • 太陽電池モジュール:260w(JSP製)
  • 最大総出力:1,713.92KW
  • 直並列:16直列×412並列
  • パネル枚数:6,592枚
  • サカキ本数:4,938本
  • 竣工月:2017年7月
  • ■愛南3号地・メガソーラー発電所
  • 所在地 :愛媛県南宇和郡愛南町増田
  • 太陽電池モジュール:270w(JSP製)
  • 最大総出力:1,209.6KW
  • 直並列:16直列×280並列
  • パネル枚数:4,480枚
  • サカキ本数:3,767本
  • 竣工月:2018年3月
  • ■斧積・低圧ソーラー発電所×12カ所
  • 所在地:高知県土佐清水市斧積
  • 太陽電池モジュール:270w(京セラ製)、308w(サニックス製)
  • 最大総出力:733.59KW
  • パネル枚数:2,565枚
  • サカキ本数:2,279本
  • 竣工月:2017年9月