JSP Best Quality ベストクオリティ

  1. HOME
  2. JSPアドバンテージ
  3. ベストクオリティ

厳格な品質管理、高い技術力、大量生産による
コストダウン

JSPは世界各地のパートナーと連携しながら、クライアントの皆さまのニーズに応える優れた製品とサービスを提供してまいります。

JSPでは、国内2拠点、海外2拠点の営業拠点を展開し、産業用ソーラーシステムからメガソーラーまで、あらゆるご要望に添えるよう体制を整えて、いつでも皆さまのご利用をお待ちしております。

JSPの考える「品質管理」とは

  • 高い基準で原料から厳選
    JSPでは原料であるシリコンセルの選定にも査定の目をゆるめません。この基本的な考え方が常に新しい技術の研究・開発に取り組む姿勢へとつながり、高水準の製品を生み出しています。
  • コストコントロールの最適化
    総合一貫製造による高品質シリコンを原料とした生産ラインを効率的にコントロールすることにより、高変換効率を高水準に保ちつつ、低コストでのモジュール生産を実現しています。
  • 安定した供給プロセスの追及
    JSPソーラーモジュールの特長は、高い変換効率、精巧な設計、長期間の使用に耐える長寿命性にあります。
    生産工場の卓越したマネジメントと技術チームのたゆみない努力により、高い検査水準をパスしたソーラーパネルのみを安定して供給することが可能となります。

生産ラインにおける徹底した「品質管理」

すべての製品の出荷時に品質管理レポートを発行
JSPソーラーモジュールは、TUV、UL、CEなどの世界水準の認証を取得しており、高い技術力を認められています。
生産ラインには、やはり世界的に評価の高いドイツ製ラインを導入。工場は「ISO9001 品質マネジメントシステム」ならびに「ISO14001 環境マネジメントシステム」の認証を受けています。

TUVRheinland CE


出荷工程における「品質管理」

徹底した製造工程テストの実施
二層ラミネータによるラミレーション工程でのトラブル解消に加え、高・低温交流循環式テストボックス、ソーラーエネルギーシミュレータなどの先端測定機器により、厳しいデータ管理による検査が高い性能をサポートしています。
最終検査
最終検査とは、これで出荷できるということを確かめるためのすべての検査を指しています。製品を生産したプラットフォーム、部品の検査、さらにはラボでの実証検証、耐久テストなどをすべてクリアした製品だけが工場から出荷することができるのです。