Chapter.2 税制面での優遇

  1. HOME
  2. 【詳細解説】太陽光発電
  3. 税制面での優遇

税制面での優遇

  • グリーン投資減税
    グリーン投資減税(エネルギー環境負荷低減推進税制)は、再生可能エネルギーなどの普及を目的とした税制の優遇措置であり、青色申告を行っている法人や個人を対象にしたものです。また、太陽光発電事業の場合は、10kW以上の発電があり、固定買取制度の認定を受けた事業に適用されます。
    このグリーン投資減税による減税は、太陽光発電導入初期の費用負担を軽減し、太陽光発電事業への投資にとって大きなメリットとなっています。
  • 生産性向上設備投資促進税制
    グリーン投資減税に代わる優遇制度として期待されているのが、生産性向上設備投資促進税制です。
    この制度はグリーン投資減税とよく似た制度ですが、対象設備・対象者・業種・税制措置が拡充されており、手続きも比較的簡単になっています。条件にさえ合致していれば、むしろ様々な面でよりメリットがあるともいえ、事業として取り組む場合には利用の可能性を検討すべき制度といってよいでしょう。
    電導入初期の費用負担を軽減し、太陽光発電事業への投資にとって大きなメリットとなっています。
  • 固定資産税の軽減借置
    一般家庭用の太陽光発電には固定資産税は掛かりませんが、太陽光を事業用に設置した場合、償却資産とみなされ固定資産税が掛かります。この際、経済産業省より固定買取制度の認定を受けた事業については「再生可能エネルギー発電設備に係る課税標準の特例」が適用され、この特例措置により、3年分の固定資産税が課税評価額の3分の2になるほか、1年目の減価償却率は50%と優遇されます。
    この特例も、グリーン投資減税同様、再生可能エネルギーの普及を推進する優遇措置として、太陽光発電事業にとっての大きなメリットとなっています。
  • CHAPTER.1
    ソーラービジネスの
    メリット
    前の章へ戻る