Chapter.1 ソーラービジネスのメリット

  1. HOME
  2. 【詳細解説】太陽光発電
  3. ソーラービジネスのメリット

ソーラービジネスのメリット

安定した発電による売電収入

産業用太陽光システムで発電した電気は「固定買取制度(FIT)」が適用され、20年間固定価格で電力会社が買い取ることが義務付けられるようになりました。
一般家庭用の太陽光発電では余剰電力のみの買い取りで期間も10年と短いのですが、産業用はその倍の期間、売買価格が上下することなく高単価での売電収入が確保できます。

固定買取制度(FIT)を活用すると、1kWhあたり27円(税抜)で、発電した電力を20年間固定価格で売電できます。 >> 固定買取制度の詳細は、経済産業省のホームページでご確認ください。

発電稼働後は、ランニングコストとして保守点検や管理費などを想定しておく必要がありますが、不動産投資などに比べるとそのコストははるかに低いといえるでしょう。また、事前のシミュレーションにより、プランニングの段階でそれらの運用費もトータルコストに加算したうえで利回りを計算できるため、実質的には先々の追加投資を考慮せずに安定した収入を得ることができます。

太陽光発電事業は、長期に渡って利益を出し続ける優れた収益モデルであるばかりでなく、誰でも今すぐに再生エネルギーの普及に貢献することもできるという魅力的なビジネスとして、人気が高まっているのです。